カレー作りから学んだ事。

 


こんにちは!

 


U-sukeです!!

 


僕は小さい頃から

漫画を読んだり、アニメを見たり

ゲームする事が大好きな人間です!

 


歳を重ねてもそこは変わらないのですが、

最近見たアニメで3回は繰り返し見た

食戟のソーマ】と言うジャンプ系のアニメがあります。

 

f:id:usukeCreAM:20180427143821j:image

 

そう画像を見て頂ければ分かるかと思うのですが

料理アニメです。

 

揉め事などが起こった時は

食戟という料理バトルで解決する。

どっちの料理show的な学園漫画です!


この中にスパイスの天才が出てくるのですが

(葉山アキラという目隠しされて手を縛られて

皿に盛られたスパイスを嗅ぎ分ける特殊能力持ち)


もーそれがすごい事すごい事。

 


スパイスの天才はこんなことを言ってます。

 

 

美味さよりも見た目よりもまず初めに届くモノ

咀嚼し嚥下した後も漂うモノ

それが「香り」 料理を制す者は香りを制す者…

 


ヤベェ…カッコいい。

 

確かに料理を作るときに

食べる人は見た目や美味しさは分からないけど

香りで美味しそうってわかる事はあるなと!


そこからスパイスに興味を持ち

最近ではスパイスカレー作りにハマってます!

※昨日もキーマカレー作りました。笑

すごく楽しいので皆様もぜひ!

f:id:usukeCreAM:20180427144535j:image

 

話は変わりますが

 


香りというのは

 


五感の中で何を意識せずとも

感じ取ってしまうモノだと思っています。

 

 

 

 


フっと香った香りが

背景、季節、想い、記憶までも鮮明に呼び覚ます。

 


皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

料理が出てくる前に匂いで美味しそうと思ったり、

街で一瞬香った香りで誰かを思い出したり、

昔はこんなことしてたなーなんて事。

 

 

 

香りには不思議な力がある。

 

 

 

次回はこの夏オススメの香りを

紹介させて頂きます!